FHC株式会社へようこそ

経営コンサルティング

 FHC株式会社は、お客様の立場に立って、社長専門のコンサルティング・コーチング・カウンセリング並びにマーケティング支援を行い、お客様の発展・繁栄を実現いたします。

 また、ご要望がありましたら、経営担当者への経営者教育後継者育成教育も承ります。

 大分県経営改善支援センター事業や大分県中小企業再生支援協議会事業に基づく「経営改善計画書」の作成なども行っています。

 セミナー講師もお引き受けいたします。

詳細はこちらへ> 

コンサルティング料(主なもののみ掲載)

【顧問料】月額 100,000円(税別)1か月あたり最低2時間以上

【内容】経営理念策定支援、経営戦略策定支援、経営戦術策定支援、経営計画書作成支援、マーケティング戦略、差別化戦略、ブルーオーシャン戦略、マイクロヒット戦略など各種戦略策定支援、成功する経営思想の伝授、社長コーチング、財務分析など

【社長コーチング】月額 50,000円(税別)1か月あたり3時間 

【内容】経営課題に対するアドバイス、目標達成のためのコーチング、成功する経営思想の伝授など

【後継者コーチング】月額 30,000円(税別)1か月あたり2時間

【内容】後継者の心構え、経営課題に対するアドバイス、目標達成のためのコーチング、成功する経営思想の伝授など

【経営改善計画書作成】計画策定 1,000,000円(税別)

【計画完成までの期間】着手から約3か月

【内容】計画書の作成、必要があればバンクミーティングにおける経営者の計画説明支援

【補助金申請書作成】各種補助金申請書作成 150,000円(税別)

【内容】経営革新計画申請書作成、ものづくり補助金申請書作成、持続化補助金申請書作成など

【簡易財務分析】50,000円(税別)

【内容】2期分の決算書からキャッシュフロー計算書を作成し、キャッシュフロー診断してアドバイスをします。

会員専用ページのご案内(無料)

 会員専用ページでは、「経営のお役にたてる様々なフォーマット」や「講演やセミナーの資料」をダウンロードできます。

 会員ご希望の方は、fhc@yellow.plala.or.jp まで、メールをいただければ、会員専用ページに入るための「パスワード」をメールにて、ご返信いたします。

 

【重要】

 当分の間、私、岡田磨左英と面識のある方に限りまして、会員とさせていただきたいと思います。

 メールをいただく際には、フルネームとメールアドレスを明記のうえ、「会員希望」とメールタイトルにご記入の上、メールを送っていただきますよう、お願いいたします。

 また、内容が付加価値の高い情報であるため、コンサル系統の方の会員はお断りしていますので、ご理解をいただきたいと思います。

 なお、内容や使い方については、弊社とご契約いただいている顧問先様におかれましては、お答えいたしますが、それ以外の方に対しましては、お問い合わせいただいても、ご対応できませんので、ご理解をいただくようお願い申し上げます。

 

<フォーマットの例>

・ABC分析表、商品収益力分析表、年計表、商品分析まとめ、利益計画検討表、簡易キャッシュフロー分析(全てexcel形式)

 

<セミナーの資料>

・財務3表のつながり、ブルーオーシャン戦略とマイクロヒット戦略の融合、Kindle本発刊の方法、PR戦略について、資金調達戦略について、差別化戦略について、顧客増加戦略について(全てPDFファイル)

 

増収増益Webセミナー

コンサルティング事例

・水産加工会社は、年商が30%以上アップしました。

・電気工事会社は、年商が2倍となりました。

・医療機関は、12%以上売上がアップしました。

・宝飾品卸会社は、新規事業を立上げ、目標数値の20%以上の実績を出しました。

 2年目には弊社の関与前と比較して、190%以上の売上実績を達成しました。

・飲食店は、店舗改装と新企画で、年商換算で2倍超の売上を実現しました。

・老舗の中華料理店は、昨年同期の月商が約2倍となりました。

・量子水生成装置(世界5か国特許商品)の集中販売支援期間2年10か月で約3,611千円の売上を達成しました。

・高麗人参飲料水(6年根紅参)の集中販売支援期間2年9か月で約2,965千円の売上を達成しました。

・大手ポイント加盟店獲得の集中販売支援期間約3年間で、新規加盟店15店舗を獲得しました。

・半導体関連メーカーの事業デューデリジェンス(事業評価)をしました。

・県立図書館等主催の無料経営相談会で相談を年数回受けています。

・サービス業、卸売業、製材業、パン製造販売業の経営改善計画の作成支援をしました。

・建設業の事業再生計画の作成支援をしました。

・メンテナンス業の経営革新計画の作成支援をしました。

・食品加工業の中小企業等処遇改善支援事業 処遇改善計画書の作成支援をしました。

・金融機関主催の無料経営相談会でアドバイスをしました。

・イベント企画等サービス業の創業・第二創業促進補助金事業計画書の作成支援をしました。

・食品加工業、歯科技工業、広告業のものづくり・商業・サービス革新補助金事業計画書の作成支援をしました。

小規模事業者持続化補助金申請書の作成支援を、2件支援し、2件とも採択になりました。

ものづくり・商業・サービス革新補助金作成支援を、1件支援し、1件採択になりました。

  (その他多数)

 

弊社のコンサルティングは、社長の考え方と行動パターン(傾向性)を、本質的に、劇的に、徹底的に変えていくため、予想以上の成果を上げています。

  (企業が特定できる記述は避けています。)

経営改善計画書の作成

金融機関からの借入金がある場合に、業績の悪化などで、借入金のリスケジュールが必要になった際、認定経営革新等支援機関(認定を受けた中小企業診断士など)の支援のもと、「経営改善計画書」を作成すると、金融機関はリスケジュールに応じてくれる可能性が高いのです。

経営改善計画書の例
経営改善計画書(フォーマット).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 721.1 KB

支援実績業種

水産加工業、建設業、電気工事業、ペット関連サービス業、税理士事務所、特殊印刷業、家具製造販売業、氷菓製造販売業、紙製品製造販売業、飲食店、システムエンジニアリング業、海産物加工販売業、印刷業、メンテナンス業、測量コンサル業、タクシー業、製靴業、マナー指導業、工務店、衣料品販売業、宝飾品製造販売業、美容形成外科、耳鼻咽喉科、美容室、飲料販売業、イベント企画業、葬儀業、食品加工販売業、歯科技工業、広告業、製材業、パン製造販売業、建設業、洋菓子製造販売業 など

「経営力」を磨く

「経営力」を磨く

 

起業したいと思っている方、起業したばかりの方、経営の要諦を速くつかみたい方、公的機関にお勤めの方にお勧めです。

 

「経営力」を磨けば、どんな組織でも応用できる!

「経営力」を磨けば、見えないものが見えてくる!

「経営力」を磨けば、世のため、人のためになる!

 

経営は、市場という戦場での戦いだ。机上の空論ではない。過去の対戦(ケース事例)を学んだからといって、必ず勝つというものでもない。過去のケース事例を学んだからといって、実際の戦いで使えるかどうかは分からない。この本が厳しい経営環境の中での戦いに使える「武器」として「経営者の強力な戦力の一つ」になることを心から祈っている。(「まえがき」より)

 「経営力」を磨く(目次)はこちら

   kindle本はこちらから

 

セミナー実績

・「大分県の商工労働観光部の施策とベンチャー支援施策の概要について」

・「やさしい経営分析」

・「80対20の法則」

・「ABC分析」の活用方法について

・「経営革新支援法の活用について」

・「売上年計表の活用方法について」

・「ダイレクト・レスポンス・マーケティングについて」

・「直接原価計算による損益計算について」

・「部門別収益性の判定」

・「各種機関との連携、行政の補助や融資制度」

・「原価計算」と「収益計算」

・「乱気流の時代を生き抜く経営のコツ」

・「小さな会社を繁盛させる経営のコツ」

・「発想力勝負の経営革新」

・「不況に打ち克つ起業の知恵」

・「不況に打ち克つ経営革新」

・「絶えざる経営革新による発展を目指す」

・「企画力アップ!経営革新セミナー」

・「ビジネス交渉力スキルアップ研修」

・「事業計画作成セミナー」(9時間)

・「利益を上げる経営管理とは」(豊後府内経営者塾)

・「事業活動とお金の流れを一体的に理解する」

・「マーケティング戦略について」~ブルー・オーシャン戦略とマイクロヒット戦略を融合する~

・「PR戦略について」~得意先へのPR、異業種企業や行政とのネットワークづくり~

・「資金調達戦略について」~起業のための資金調達と金融機関との付き合い方~

・「差別化戦略について」~商品やサービスの差別化のコツ~

・「顧客増加戦略について」~売れ続ける仕組みづくり~

・「キャッシュフロー経営体感セミナー」 

・「マーケティング戦略について」 など

メルマガ(FHC増収増益メール)のご案内

 

 

ローカルベンチマークについて

 ローカルベンチマークは、企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)として、企業の経営者等や金融機関・支援機関等が、企業の状態を把握し、双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり、事業性評価の「入口」として活用されることが期待されるものです。

 具体的には、「参考ツール」を活用して、「財務情報」(6つの指標※1)と「非財務情報」(4つの視点※2)に関する各データを入力することにより、企業の経営状態を把握することで経営状態の変化に早めに気付き、早期の対話や支援につなげていくものです。

 

(※1)6つの指標;①売上高増加率(売上持続性)、②営業利益率(収益性)、③労働生産性(生産性)、④EBITDA有利子負債倍率(健全性)、⑤営業運転資本回転期間(効率性)、⑥自己資本比率(安全性)

 

(※2)4つの視点;①経営者への着目、②関係者への着目、③事業への着目、④内部管理体制への着目

ローカルベンチマークツール
tool.xlsx
Microsoft Excelシート 429.0 KB
ツール利用マニュアル
manual.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 972.3 KB

FHC株式会社

大分県大分市青葉台1丁目15番地の12

 

TEL:097-547-7417

代表/(受付時間10~17時)

 

email;fhc@yellow.plala.or.jp

 

休業日

夏季休暇(8/13~8/15) 

年末年始(12/29~1/3)

 

対象地域

全国 

 

お気軽にご相談ください