高麗人参って肝機能を高めるんだ!

高麗人参の肝臓保護作用
高麗人参の肝臓保護作用

高麗人参は、解毒器官である肝臓や腎臓の機能を正常にし、薬による副作用や内臓の機能障害を回復させてくれます。

 

また、肌荒れ、皮膚病、シミ、ニキビなどは皮膚の下層部の新陳代謝の低下、すなわち、代謝系または解毒排泄系(腎臓や肝臓など)の機能が低下して起こる症状です。

 

高麗人参は、これらの症状にも効果があり、若々しい肌を取り戻してくれます。

 

高麗人参が解毒器官である肝臓の機能を回復する実験を紹介します。(写真をごらんください。)

 

ウィルス性の肝障害になるとGOTやGPTの数値が上がります。また、肝臓は解毒作用が弱くなると、黄疸にもなります。

 

肝臓に薬物(毒物)が入ると、P.450系酵素群が異物を分解して、解毒排泄を行いますが、そのときにラジカル活性酸素が生成され、それが働きすぎると、肝細胞を酸化させ、組織障害を引き起こしてしまいます。

 

写真の(A)と(B)はハーブの成分で活性酸素から肝臓を守るとされるシリマリンと、高麗人参の肝臓障害に対する効果を比較したものです。

 

高麗人参はシリマリンよりもP.450系酵素群の活性による活性酸素の生成を抑えます。(A)

 

また、活性酸素によって肝細胞が酸化するのを抑える能力も、シリマリンよりも高麗人参が、はるかに優れていることが分かりました。(B)

 

また、写真の(C)と(D)は肝臓の組織図の写真です。左側の写真の(C)の白く抜けている部分は薬剤によって組織障害を起こしたものです。

 

ところが、高麗人参を薬剤と併用して投与しておくと、右の写真(D)のようになり、薬剤による組織障害を回避することが分かりました。

 

さらには、高麗人参がダイオキシンによる臓器障害を防御することも報告されています。

(「高麗人参生活術」編著:薬学博士 長谷川秀夫 発行:NPO法人日本サプリメント臨床研究会 から引用)

FHC株式会社

大分県大分市青葉台1丁目15番地の12

 

TEL:097-547-7417

代表/(受付時間10~17時)

 

email;fhc@yellow.plala.or.jp

 

休業日

夏季休暇(8/13~8/15) 

年末年始(12/29~1/3)

 

対象地域

全国 

 

お気軽にご相談ください