FHC増収増益メール

このHPからもメルマガ登録ができます。トップページの右下にメールマガジンを登録するところがございますので、「メールアドレス」と書いているところに、お客様のメールアドレスを記入していただき、「登録」ボタンを押すと、そのアドレス宛にメールが自動配信されます。そのメール本文に書いているURLをクリックしていただくと、メールマガジンの登録が完了いたします。

毎週月曜日に、社長にとって、役立つ情報を提供いたします。

「まぐまぐ」からの配信登録は下記からどうぞ!

メルマガ登録はこちら

 

<メルマガのサンプル>

☆☆☆-----------------

FHC増収増益メール(第166号)

-----------------☆☆☆

皆さん、おはようございます!残暑が厳しいですが、今週も、それに負けない熱い情熱をもって事業を推進してまいりましょう!

◆◆◆◆◆◆◆

不況期の社長の仕事

◆◆◆◆◆◆◆

今回は、「不況期の社長の仕事」ということについて、述べていきましょう。

 

不況期の社長の仕事は、「資金繰り」と「新商品開発」と「得意先訪問」です。

 

まず「資金繰り」ですが、やはり、不況期というのは、お客様の財布のひもが、全体的に閉まってくる時期ですから、我が社も、売上が下がってくるかもしれないと予測して前もって手を打っておくことです。

 

手を打つというのは、設備投資を計画していれば縮小または凍結するとか、材料を大量に仕入れ得ていれば当面必要な分だけ仕入れるとか、新規雇用の計画があれば当面様子を見るとか、運転資金の不足が予想されればメインバンクに交渉して資金調達にめどをつけておくとか、そういうことであります。

 

次に「新商品開発」ですが、新しい収入源の確保ということでもあります。まったくの新商品の開発はベストですが、現在の商品の改良でもよいですし、類似商品の開発でもよいと思います。

 

サービス業であれば、新しいサービスの提供を考えるということです。今までしてこなかったお客様が喜ぶサービスの提供、従前のサービスの改良などを考えることです。

飲食店であれば、新メニューの開発をするとか、今までのメニューに少し変化を持たせるということです。

 

そのためにも、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、異業種交流での人との会話、業界誌などから新しい飯の種はないかと常にアンテナを張って、探し続けることです。

 

そして、最後に「得意先訪問」ですが、これが一番重要と言っても過言ではないでしょう。

新商品開発、新サービスの開発をするにしても、やはり一番重要なのは、お客様のニーズがどこにあるかです。そして、お客様が欲しいと気が付かないニーズや新商品を創造していくということも重要になってきます。それを見つけるために、得意先訪問が重要になってきます。

 

トップ自ら、現場に行きお客様のニーズをつかむ、自社のクレームを直接得意先から聞く、お客様の声を聞いて新商品開発のヒントを得る、自社をイノベーションしていく、そういう姿勢が、何より大事だと思います。

------------------------

<おさらい>

・不況期の社長の仕事は、「資金繰り」と「新商品開発」と「得意先訪問」

・「資金繰り」というのは、運転資金の確保、コストの削減、投資の見直しなど。「新商品開発」というのは、色々な情報にアンテナを張り、新商品の開発・新サービスの開発をすること。

・「得意先訪問」というのは、新商品の開発をするためにも、お客様の声を聞くことが重要。現場に行き、お客様の声やクレームを次の一手に生かし、自社をイノベーションしていくことが大事。それを行うことで売上が伸び、資金繰りも楽になっていく。

 

推薦Books:「選択の自由」M&R・フリードマン著 日本経済新聞出版社 2,520円(税込) 長らく絶版になっていた同書だが、このほど新装版で登場した。いわゆる新自由主義の定番とも言える経済学の古典だが、今こそ読み直してみる価値があるだろう。変化の激しい経済にあって、1980年に発表された本書は、すべてがそのまま現代に通用するわけではない。その中で、あえて今日、注目したいのは、公的年金制度の廃止を訴えた第4章だ。著書は、年金制度を「非効率」であるだけでなく、「非人道的」だとバッサリ切り捨てる。日米欧、どこを見ても、肥大化する社会保障をどうするかは、いまだ解決の道筋が見えないが、本書は解決に向けての重要な示唆を与えてくれる。

------------------------

FHC増収増益メール 

発行責任者:FHC株式会社

問い合わせ:fhc@yellow.plala.or.jp

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

登録・配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000292085.html

------------------------

FHC株式会社

大分県大分市青葉台1丁目15番地の12

 

TEL:097-547-7417

代表/(受付時間10~17時)

 

email;fhc@yellow.plala.or.jp

 

休業日

夏季休暇(8/13~8/15) 

年末年始(12/29~1/3)

 

対象地域

全国 

 

お気軽にご相談ください